米国ETF、【VYM】、【BNDX】等の6銘柄の経費率改定

VYM

2016年2月24日に、バンガード社より
【VYM】、【BNDX】、【VWOB】、【VXUS】、【VWINX】、【VTIP】の
経費率(信託報酬)改定が発表されました。


経費率が改定されたバンガードETF

今回の経費率改定の詳細は以下のとおりです。

ティッカー名称改定前改定後日付
BNDXバンガード・トータル・インターナショナル債券ETF(米ドルヘッジあり)0.15%0.12%2017年2月23日付
VWOBバンガード・米ドル建て新興国政府債券ETF0.34%0.32%2017年2月23日付
VYMバンガード・米国高配当株式ETF0.09%0.08%2017年2月23日付
VXUSバンガード・トータル・インターナショナル・ストック(除く米国)ETF0.13%0.11%2017年2月23日付
VWINXバンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド0.23%0.22%2017年1月27日付
VTIPバンガード・米国短期インフレ連動債ETF0.08%0.07%2017年1月26日付

【VYM】、【VXUS】、【VWINX】は2年連続の経費率改定となりました。

コメント

今回改定された銘柄の中には
私が保有している【VYM】も含まれていました。

0.10%→009%と0.01%の僅かな経費率引下げなので、
今後の投資結果には殆ど影響が少ないと思います。
また、今回の改定を機に乗換を検討される方もいないと思います。

しかし、今回の改定はバンガード社が
コステ低減意欲と投資家の利益を優先的に考えていることが
ひしひしと伝わってきます。

今後も安心してバンガード社のETFに投資することができそうです。

VYMについては以下の記事で紹介しています。

バンガード米国高配当株ETF【VYM】の特徴まとめ!積立購入にお勧めのETFです

2017.02.04

コメントを残す