NYダウ最高値更新を素直に喜べずにいます

NYダウ

トランプ氏が大統領に選ばれて絶好調のアメリカ市場。25日には、大台の2万円を突破し、ニューヨーク株式市場のダウ平均株価の終値として史上最高値を更新しました。翌日の26日も続伸し20100.91円と前日に続き最高値を更新。

今回の株価上昇は、トランプ大統領の経済政策への期待感からだと言われています。トランプ氏が大統領に選ばれたら株価が暴落するとメディアで騒がれていましたが蓋を開けてみれば大幅に上昇。アナリストの言うことは、参考程度にしなければと改めて思いました。

今回の株価上昇で、私のポートフォリオも黒字となりました。やはり、黒字だとなんだか気持ちに余裕がてきますね。

一方で、私はドル・コスト平均法で毎月積み立てを行なっているので株価が上がるほど購入数が少なくなります。投資歴1年ちょっととまだ浅い私にとっては、できれば割安で沢山買っておきたいと考えていたので少々残念にも思っています。

いつか来るだろう暴落も、できるだけ早く来てほしいと思ってます。まだ、投資金額が少ないため暴落しても受けるダメージが少ないことと、暴落した際の買いましを狙っているからです。

好調は不調の前兆と言う言葉があるようですが、好調はいつまでも続かず、好調の後は不調が待ってます。好調な程、その反動が大きくなります。今回の株価上昇は、実績が評価されたわけではなく期待だけで上昇しているので、もしトランプ大統領の政策が失敗した場合、暴落するのではと考えています。また、トランプ大統領の過激な発言がきっかけで暴落することも考えられます。

私のような初心者が、今後の展開を予測することはできません。できることは、どちらに転んでも対応できるように心構えておくことと投資資金の確保を日頃からしっかりとやっていくことだけです。

今後もしっかりと積み立てを行なっていきながら、買い増しのチャンスを狙っていこうと思います。

コメントを残す