私がエアコン代の節約をしない理由

エアコン

春の過ごしやすい季節が終わり、ジメジメして不快な梅雨の時期に入りました。

梅雨が終われば、今度はうだるような暑い夏。

そんなこれからの季節、エアコンが欠かせなくなってくる方も多いかと思います。

エアコンがあれば、不快な梅雨、暑い夏、寒い冬も快適に過ごすことが出来ます。

しかし、エアコンを稼働すればするほど電気代がかかります。

電気代の節約のために、エアコン無しの生活や設定温度を高めに設定されている方もいらっしゃると思います。

私はほとんどエアコン代の節約をしていません

本日は私がエアコン代の節約を行なっていない理由をご紹介します。

エアコンをつけっぱなしの生活

私は、夏や冬の時期は1日中エアコンをつけっぱなしにしていることが多いです。

また、暑い、寒いと感じたらすぐにエアコンをつけます。

設定温度に関しても、自分が快適だと感じる温度に設定しています。

さすがに長時間家にいない時は消すようにしていますが、エアコン代節約、エコと程遠い生活を送っています。

以前はエアコンを使ってなかった

一人暮らしを始めた学生の頃は電気代節約のためにエアコンを全くつけない生活を送っていました

どんなに熱くても寒くてもエアコンをつけず、色々な工夫をして耐えていました。

今と真逆の生活を3年間程続けていましたが、ある日我慢できずにエアコンをつけてしまいました。

一度快適な環境を味わうと、元の生活に戻れなくなりまいた。

これを機に、今のようなエアコンをつけっぱなしの生活を送っております。

電気代の変化について

エアコンをつけ始めた当初は、高額な電気代請求が来るのではビクビクしていました。

しかし、エアコンをつけていない時の電気代の違いは月に2000円程でした。

この金額を高いと思うかやすいと思うかは人それぞれですが、私は安いと思いました。

毎日快適に過ごせて月2000円と思ったら、苦労の割に成果が小さすぎて今まで必死に我慢していたのが馬鹿らしくなりました。

この出来事もあり、私は我慢してするような節約は一切しないことにしました。

もちろん、人がいない部屋の電気は消す、水は出しっぱなしにしないなど、苦にならないことは節約というよりはエコの意識で行なっています。

まとめ

私はエアコンの電気代は安いと感じ、エアコン代の節約をするのをやめました。

何十年も積み重ねていくとそれなりの金額になりますが、それでも私は快適な生活を送ることを選びます。

一度っきりの人生ですし、外ではストレスフルな会社生活を送っているので、家にいる時ぐらいは快適でリラックスできる環境で過ごせるようにしていこうと思います。

※あくまでも私の価値観であって、高いと感じる方は節約した方がいいと思います。また、エコの観点からも節約したほうがいいはずです。

コメントを残す