20代と30代の独身・家族の貯金額はいくら?貯金額の平均値・中央値まとめ

将来のことを考えて貯金をされている方が多いかと思います。

社会人になりたての20代、社会人生活に慣れて収入も上がり始める30代。

貯金格差でどちらに転ぶかのターニング・ポイントは20代、30代だと言われています。

貯金はしているものも周りがいくら貯金をしているのか?いくらお金があれば足りるのか?って分かりませんよね。

誰かに相談したくてもなかなかできないお金の話。

そこで、本日は20代と30代の独身・家族(2人以上世帯)の平均貯金額と中央値について調べてみました。

はじめに

はじめに

20代の平均貯金額と中央値

20代貯金
<独身(金融資産保有してない世帯を含む)>
・平均値 : 116万円
・中央値 : 0万円
<独身(金融資産保有してない世帯を含まない)>
・平均値 : 287万円
・中央値 : 158万円
<2人以上世帯(金融資産保有してない世帯を含む)>
・平均値 : 184万円
・中央値 : 0万円
<2人以上世帯(金融資産保有してない世帯を含まない)>
・平均値 : 385万円
・中央値 : 215万円

独身者の方が2人以上世帯より貯金額が少ない結果となっています。

また、金融資産保有してない世帯を含むと独身者、2人以上世帯共に中央値が0万円となっており貯金されていない方が多いことが分かります。

20代は、遊びたい盛りということもあり貯金に対する意識が低いのか、収入が低く貯金をする余裕がないのかもしれません。

20代でいかに貯金することを習慣づけするかが将来の貯金額にも関わってくるので早めに貯金を意識することをおすすめします。

投資と同じで貯金も始める時期が早ければ早いほど後々有利になります。



30代の平均貯金額と中央値

30代貯金
<独身(金融資産保有してない世帯を含む)>
・平均値 : 502万円
・中央値 : 24万円
<独身(金融資産保有してない世帯を含まない)>
・平均値 : 957万円
・中央値 : 500万円
<2人以上世帯(金融資産保有してない世帯を含む)>
・平均値 : 395万円
・中央値 : 167万円
<2人以上世帯(金融資産保有してない世帯を含まない)>
・平均値 : 612万円
・中央値 : 410万円

30代では、平均値、中央値共に高くなっています。

特に独身者の平均値は957万円と1000万円近い金額になっています。

30代の独身者といえば、給与も上がるので多少遊んでいてもある程度の金額が貯まりそうですね。

また、2人以上世帯の中央値も167万円と20代の0万円と比べ高くなっています。

やはり、30代にもなると子供の教育費や親や自分たちの老後に向けて貯金意識が高くなっているのかもしれません。

まとめ

以上、20代と30代の独身・家族(2人以上世帯)の平均貯金額と中央値の紹介でした。

20代は貯金が出来ていない人が多いですが、30代になるとしっかり貯金されていると感じました。

若い時から少しでも良いので貯金をして、貯金することを習慣していくことをおすすめします。

そのためには、収入を増やしつつ支出を減らさなければいけません。

もし、まだ貯金をされていない方はお金について学びながら貯金に挑戦されてみてください。

関連記事
貯蓄額1000万円以上の割合について紹介しています。

【憧れの1000万円】各年代別の貯蓄額1000万円以上の割合とは?

2017.04.16

コメントを残す