生活

金融資産2000万円の内訳を大公開【30代独身】

資産2000万円の内訳

2018年10月に金融資産(貯金)2000万円を達成しました。

社会人5年目の30代前半で達成と、いいペースで資産形成ができています。

改めて資産の内訳をみてみましたが、とても個性が出ていました。

資産額に目を向けがちですが、実は内訳もとても重要なのではと思いました。

そこで、本日は私の資産の内訳についてご紹介します。

金融資産2000万円を貯めるためにやったこと・やらなかったこと
金融資産2000万円を貯めるためにやったこと・やらなかったこと2018年10月に金融資産2000万円を達成しました。 ブログを読んで頂いている方はご存知かと思いますが、私は消費家です。 ...

金融資産の内訳について

資産2000万円の内訳

金融資産2000万円の内訳は上記のグラフのとおりです。

「預金・現金」、「株式」、「ポイント」の順に資産を保有しています。

色々と手を出していないので、資産の内訳も非常にシンプルです。

内訳はシンプルですが、口座は色々と開設していて、あっちこっちにお金を預けています。

※マネーフォワードの資産情報を元にしています。

預金・現金の詳細について

預金は、全体の75%と私の資産の大半を占めています

このご時世、銀行などの金融機関にお金を預けていてもお金は増えません。

それにも関わらず、こんなに預金があるのは単に私のリスク許容度が低いためです。

資産を増やすには、投資が最適手段であることは分かっています。

しかし、何だかんだ一番安心して保有できるのはキャッシュです。

今後も、ある程度のキャッシュは保有していくつもりです。

とはいっても現状持ちすぎで、1000万あればいいと思っています。

そのため、年間の投資額を増やすために積極的に投資を行っていますが、貯蓄率の方が上回って全く減ってないのが実情です。

2017年の貯金額
一人暮らし30代独身男性のリアルな年間貯蓄額を公開【2017年】同年代の周りの同僚や友人たちが、年間にどれぐらい貯金しているかって気になりますよね。 気になるけどお金の話はなかなかし辛い... ...

株式について

株式は、全体の23%を占めています

詳細な内訳は、米国ETF:19%、投資信託:3%、米国個別株:1%となっています。

投資信託のみ8資産均等分割で分散していますが、他は全て米国に投資をしています。

残念ながら、現在は投資による資産形成はできていると言い難い状況です。

投資歴3年目で約500万の額を投資していますが、含み益は50万円もありません。

好調な市場で、このリターンなので、今のところ割にあわないと思っています。

やはり、インデックス投資などの手堅い投資でリターンを得るには種銭と時間が必要ですね。

短期での大きなリターンは望めませんが、その分リスクが少なく、気を病む必要がないので、私にはあっている投資法です。

資産形成のスピードを上げていくには、投資は必要不可欠なので、今後も続けていきます。

以下の記事で私のポートフォリオと投資方針について紹介しています

投資資産公開_201809
資産ポートフォリオと運用成績を公開【2018年9月】こんにちは、べーやんです。 会社員のかたわら、投資で資産形成を行っています。 米国中心に投資をしており、毎月一定の額を積み立...
投資方針
【2018年】インデックス投資家の投資方針2018年の投資方針についてご紹介します。 確信をもって投資を行っていくためとこれまでの投資の備忘録を兼ねて、投資方針を残すように...

ポイントについて

ポイントは、全体の2%を占めています。

私が保有している主なポイントは、「ANAマイル」と「クレジットのポイント」です。

このポイント、実際は5%以上を占めているはずです。

なぜなら、マネーフォワードでは1ポイント(マイル)=1円と低めに換算しているからです。

マイルは、スカイコインに交換すれば1マイル=1.7円、特典航空券だと10円以上の価値になることも。

また、私が保有しているクレジットカードのポイントは、1ポイント=10マイルで交換できます。

さらに、マネーフォワードに反映されていないポイントが山程あります。

私自身正確に把握できていませんが、1マイル=1.7円で換算しても優に100万を超える価値はあるはずです。

浪費家の私にとってポイントは相性が非常によく、資産形成の重要な手段の一つとなっています。

ずぼらで面倒くさがりの人のための効率がいい節約術4選
浪費家サラリーマンの節約術4選!!消費しつつ効率よくお金を貯めよう。様々な節約術があって、テレビや雑誌などでよく紹介されています。 しかし、世の中に出回っている節約術の多くがわずかな効果しかありませ...

内訳を見ての分析と感想

改めて内訳を見て、リスク許容度が低い私らしい内訳だと思いました。

預金・現金の比率が異常に高いですが、以前は80%を超えていたので少しずつ減ってはいます。

投資額は年々増やしてはいるものも、貯蓄額>投資額の状態が続いていてなかなか改善されていません。

2019年は、さらに年間投資額を増やしていこうと思います。

また、前々から言ってますが、もっとお金を使って貯蓄額を減らしていきます。

無駄なことにお金を使うつもりは毛頭ないですが、楽しいことにはガンガンお金を使います。

また、ポイントですが自分の想像以上に溜まっていて驚きました。

ポイントをより貯めるには、常に最新のお得な情報を収取する必要があります。

しかし、苦にはなっておらず楽しんでやっているので、やはり私にあっているようです。

貯まったポイントの使い道を考えるのも、楽しみの一つとなっています。

まとめ

以上、私の資産の内訳についてご紹介しました。

この記事を書くに辺り、みなさんの資産内訳をみましたが、みんな違っていて面白かったです。

資産の内訳は、その人の家庭やリスク許容度で変わってくるので、あくまでも自分で考えるべきです。

しかし、人の内訳を見ることで色々と参考になることがあるかと思います。

私の内訳が参考になるかは分かりませんが、何かのヒントになれば幸いです。

1500万円
20代で貯金額1500万円を達成しました昨日の朝、家計簿アプリ「マネーフォワード」を開いたら見覚えのない大金が振り込まれていました。 すっかり忘れていましたが、昨日は年に...