eMAXIS バランス(8資産均等型)を売却し、Slimに乗り換えます

eMaxis

日本はもちろん世界各国の株式、債権、REITに投資ができる「eMAXIS バランス(8資産均等型)」。

簡単に分散投資ができるバランス型のインデックスファンドということもあり、人気の投資信託の1つです。

私が始めて購入した投資信託の1つで、毎月積立を行っておりましたが2017年5月17日に全て売却しました。

本日は、「eMAXIS バランス(8資産均等型)」の売却額と経緯についてご紹介します。

売却損益について

eMAXIS バランス

特定口座とNISA口座の両方で保有しており、合わせて18759円の利益となりました。

「eMAXIS バランス(8資産均等型)」は、2016年3月から積立てを始めました。

2016年はNISA口座、2017年から特定口座で積立を行っていたため口座が分かれています。

「eMAXIS バランス(8資産均等型)」と同時期に積立開始と売却した「ひふみプラス」の売却額が78610円だったので多少物足りなく感じますが、何とか利益が出て良かったです。

関連記事
「ひふみプラス」の売却したことについて紹介しています

【投資信託】ひふみプラスを売却しました

2017.06.02



売却理由について

2017年5月に新しく設立された「eMaxis Slim バランス8資産均等型」に乗り換えるため売却しました。

「eMaxis Slim」とは、「eMaxis」とほぼ同等の商品を低コストで販売しているシリーズです。

バランス8資産均等型に関しては、信託報酬が0.54%(税込)から0.2376%(税込)と半分近くコストが引下げられています。

さらに、信託報酬だけではなく売却時にかかるコストも0.15%から0%と引下げられています。

商品の内容の違いといったら、「eMaxis Slim」は販売会社が限定されていることぐらいです。

売却コストがかかりますが、今後も積立てていくことを考え、今のうちに「eMAXIS バランス(8資産均等型)」を売却し、「eMaxis Slim バランス8資産均等型」に乗り換えることにしました。

まとめ

以上、「eMAXIS バランス(8資産均等型)」の売却額と経緯についてのご紹介でした。

今回、不本意ながらも初めての投資信託売却となりました。

新シリーズとしてコストを引下げるのではなく、「eMaxis」のままコストを引下げてくれればよかったのにというのが正直な感想です。

今回の売却を機にバランス型ファンドの購入をやめることも考えたのですが、米国株式にだけ集中投資するのはリスクが高いので引き続き購入することにしました。

やはり、バランス型ファンドは簡単に分散投資ができるのが最大の魅力だと思います。

今後は、「eMaxis Slim」を長期で積立てていくことにします。

関連記事
「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」の特徴についてまとめています

【まとめ】「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」は初心者におすすめしたい低コスト投資信託

2017.05.21

コメントを残す