ポイント最大44倍! お買い物マラソン開催中!

米国ETFから初めての配当金!!金額と受け取って感じたことを紹介

1 min 173 views
money1

2016年12月に投資信託から配当金狙いで米国株への投資にシフトしました。

そして、早速2017年1月に米国ETF【VYM】から配当金を受け取りました。

今回の配当金は記念すべき第1回目ということで、簡単にですが感想をご紹介したいと思います。

受け取った配当金額

VYMの配当金

今回、3株の配当金として209円を受け取りました。

1株あたりの配当金は0.667ドルで、そこから税金が引かれています。

NISA口座で購入しているので引かれる税金は外国税のみです。

わずかな配当金ですが、税金でガッツリと持っていかれますね。

初めての配当金を受け取った感想

会社行く前に証券会社の口座情報を何気なく眺めていたところ、【VYM】から配当金が支払われていたことに気づきました。

わずかな金額ですが、初めての米国からの配当金ということで朝からテンションがあがりました。

米国株は日本株と比べ配当月が多く、だいたい年に4回ほど配当があります。

これから定期的に配当金が受け取れるのは嬉しいですね。

よく配当金について否定的な意見を見かけますが、今回配当金をもらって投資のモチベーション維持になるなと感じました。

今後はさらに買い増しをしていてき、配当金が生活の足しになるよう頑張ります。

高配当戦略を始めてからのその後

はじめての配当金を受け取って2年以上経ちました。

あれからコツコツと米国ETFや米国個別株に投資を続けています。

その結果、2019年は年間配当金が120,000円を超える予定です。

2017年1月に受け取ったこの配当金から始まったと思うと感慨深いですね。

配当金の受取金額は着実に増えてきていますが、配当金生活ができるようになるまではまだまだです。

今後も地道に投資を続けていき、配当金を増やしていきます。

▼配当金を初めて再投資したときの記事です

▼2019年6月の資産を紹介しています

べーやん

べーやん

九州在住、会社員。会社員の傍ら、世界中を旅しています。"今"を楽しみつつ貯蓄して、年間貯金額400万円を達成。 当ブログでは、資産運用、株主優待、生活、買ったものなどについて紹介しています。

FOLLOW

カテゴリー:
おすすめの投資本

おすすめのお金・投資本

第1位:ウォール街のランダム・ウォーカー
1973年に出版されてから世界中の投資家から読まれている超ベストセラーの名著です。私も米国投資を始める際にこの著書を参考にしました。


第2位:私の財産告白
明治時代に巨万の富を築いた本多静六によって書かれたお金に関する人生訓本です。一昔前に書かれた本ですが今の時代でも役に立つことが書かれています。資産形成をするのならぜひとも呼んでおきたい一冊。


第3位:みんなが欲しかった! FPの教科書 3級
お金全般について学びたいのならこの1冊!!フィナンシャル・プランナーの教科書ということもあり、様々な金融分野の基礎知識を学ぶことができます。全ページカラーでイラストも豊富なので、読みやすくイメージがわきやすいところもGOODです

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です