【投資信託】ひふみプラスを売却しました

ひふみプラス

今もっとも人気で話題の投資信託と言える「ひふみプラス」

私もお気に入りの投資信託で今までに何度か記事でご紹介してきました。

しかし、2017年5月30日に「ひふみプラス」を全て売却及び積立て購入を止めました

本日は、「ひふみプラス」を売却した経緯、売却額などについてご紹介します。


「ひふみプラス」について

「ひふみプラス」は、日本株式中心に投資をするアクティブファンドです。

最大の特徴は、中小企業に幅広く分散して投資をしている点です。

常に変化する株式市場に応じて柔軟に対応し着実に資産を増やしています。

以下の記事で、「ひふみプラス」について詳しく紹介しています。

関連記事
ひふみプラスの特徴と運用成績について紹介しています。

投資信託「ひふみプラス」の特徴と運用成績のまとめ

2017.03.11
ひふみシリーズの違いについて紹介しています。

【ひふみシリーズ】ひふみ投信、ひふみプラス、ひふみ年金の違いをまとめてみました

2017.02.18
ひふみシリーズを純資産額で比べてみました。

【ひふみシリーズ】ひふみ投信、ひふみプラス、ひふみ年金の純資産額を比べてみた

2017.02.22

売却額について

特定口座とNISA口座の両方で保有しており、合わせて78610円の利益となりました。

「ひふみプラス」は、初めて購入した投資信託の1つで2016年3月から積立てを始めました。

昨年までNISA口座で、今年から特定口座で積立を行っていたため口座が分かれています。

保有期間が1年3ヶ月にも関わらず、これだけの利益を得ることができて大満足しています。

「ひふみプラス」の実力もあると思いますが、一番の要因は市場が好調だったことではないでしょうか?



売却した理由

記事で何度か取り上げるほどお勧めだった「ひふみプラス」をなぜ売却したのか。

それは、国内アクティブファンドである「ひふみプラス」が現在の投資方針にそぐわなくなったからです。

投資を始めた頃は投資信託を中心に投資をしていましたが、現在は米国を中心としたインデックスファンドに投資をしています

そのため、国内株はほとんど売却し、国内株で保有しているのはバランス型の投資信託である「三菱UFJ国際-eMAXISバランス(8資産均等型)」を除いては「ひふみプラス」のみとなっていました。

お気に入りのファンドでしたが、将来も購入と保有を続けていくのかと改めて考えて、利益が出ているこのタイミングで売却することを決意しました。

アクティブファンドであるということも、売却の決め手となりました。

関連記事
2017年度5月時点の投資方針について紹介しています。

【2017年5月】インデックス投資家の投資方針

2017.05.13

まとめ

以上、「ひふみプラス」を売却した経緯、売却額などについてのご紹介でした。

今回の売却で国内株は全て売却したことになります。

長期保有を前提に積立てを始めたのですが、僅か1年3ヶ月で手放すことになりました。

投資方針がなかなか定まらないのは問題ですが、利確することができたので結果オーライです。

今回、「ひふみプラス」を手放すことになりましたが、お勧めのファンドであることは変わりません。

国内アクティブファンドを投資を考えている方はぜひ候補に入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す