ひふみプラスの純資産1000億円を突破!!信託報酬が引下げられます

ひふみプラス

2017年2月28日にひふみプラスが純資産総額1000億円を突破しました
ひふみシリーズはカンブリア宮殿で放送されるなど話題の投資信託です。

今回、純資産総額1000億円を超えたことにより信託報酬のさらに引下げられます。


ひふみプラスが純資産総額1000億円を突破

ひふみ投信のホームページに2017年2月28日付のニュースリリースで
ひふみプラスの純資産総額1000億円突破が報告されました。

ひふみプラスは2012年5月28日に設定されたファンドです。
5年も経っていないのに純資産総額1000億円を突破とは凄いですね。

一方で、2008年10月1日に設定されたひふみ投信は本日時点の純資産総額は409億円です。
ひふみプラスの勢いを見ていると、今後ますますひふみ投信との差が大きくなりそうですね。

信託報酬の値下げについて

ひふみプラスは純資産総額に応じて信託報酬が逓減されます

ひふみプラスの信託報酬

  • 純資産総額が0円〜500億円 : 年1.0584%(税込)
  • 純資産総額が500億円〜1000億円 : 年0.9504%(税込)
  • 純資産総額が1000億円〜 : 年0.8424%(税込)

今回、純資産総額が1000億円を超えたことにより、
信託報酬が年0.8424%(税込)に引下げられます。

注意していただきたいのが超えた額に対して上記の信託報酬が適用されます
今回だと1000億円を超えた額に対して信託報酬の年0.8424%(税込)が適用されます。

同じマザーファンドにのひふみ投信の信託報酬ですが、

ひふみ投信の信託報酬

  • 保有期間が0年〜5年 : 年1.0584%(税込)
  • 保有期間が5年〜10年 : 年0.8584%(税込)
  • 保有期間が10年〜 : 年0.6584%(税込)

となっていますので、ひふみ投信を5年〜10年保有しているより安い信託報酬となります。
ひふみ投信を選ぶ理由がさらに無くなりつつあります。

ちなみに、ひふみ年金の信託報酬は一律年0.8208%(税込)となっています。

まとめ

今回ひふみプラスの純資産総額が1000億円を突破し信託報酬が引下げられたことは、
毎月積立を行っている私にとって非常に嬉しいニュースです。

私は国内投資は徐々に撤退しつつありますが、
ひふみプラスはしっかりと成果を残してくれているのでこれからも購入を続けるつもりです。

ひふみシリーズを比較しています

【ひふみシリーズ】ひふみ投信、ひふみプラス、ひふみ年金の純資産額を比べてみた

2017.02.22

【ひふみシリーズ】ひふみ投信、ひふみプラス、ひふみ年金の違いをまとめてみました

2017.02.18

コメントを残す