投資

ひふみプラスの純資産1000億円を突破!!信託報酬が引下げられます

ひふみプラス

レオス・キャピタルワークスが運用する人気のアクティブファンド「ひふみプラス」。

設定以来、右肩あがりで純資産を増やしています。

そしてついに、2017年2月28日にひふみプラスの純資産総額が1000億円を突破しました。

純資産総額が1000億円を超えたことにより信託報酬のさらに引下げられます。

ひふみプラス
ひふみ投信(プラス)のまとめ。特徴、運用実績、組入銘柄、購入方法を紹介「ひふみ投信(ひふみプラス)」は、レオス・キャピタルワークスが運用するアクティブファンドの投資信託。 投資信託の中でも非常に評判が...

純資産総額1000億円を突破のニュースについて

ひふみプラスの基準価額推移
公式ホームページのニュースリリースで、2017年2月28日付でひふみプラスの純資産総額1000億円突破したことが報告されました。

ひふみプラスは2012年5月28日に設定されたファンドです。

5年も経たず、純資産総額1000億円を突破したことになります。

※さらに成長を続け、2018年5月時点で純資産総額6000億円を超えています

信託報酬の値下げについて

ひふみプラスは純資産総額に応じて信託報酬が逓減されます

ひふみプラスの信託報酬
  • 純資産総額が0円〜500億円 : 年1.0584%(税込)
  • 純資産総額が500億円〜1000億円 : 年0.9504%(税込)
  • 純資産総額が1000億円〜 : 年0.8424%(税込)

今回、純資産総額が1000億円を超えたことにより、信託報酬が年0.8424%(税込)に引下げられます。

注意していただきたいのが、超えた額に対して上記の信託報酬が適用されます

今回だと1000億円を超えた額に対して信託報酬の年0.8424%(税込)が適用されます。

同じマザーファンドである、ひふみ投信の信託報酬は以下のとおりです。

ひふみプラスの信託報酬
  • 保有期間が0年〜5年 : 年1.0584%(税込))
  • 保有期間が5年〜10年 : 年0.8584%(税込)
  • 保有期間が10年〜 :年0.6584%(税込)

ひふみプラスの信託報酬は、ひふみ投信を5年〜10年保有しているより、わずかにですが安くなっています。

10年以上の長期で保有する方は、ひふみ投信。短期、中期の方は、ひふみプラスを保有するのがよさそうですね。

ちなみに、ひふみ年金の信託報酬は一律で年0.8208%(税込)となっています。

まとめ

今回の信託報酬が引下げは、ホルダーにとって非常に喜ばしいニュースとなりました。

年0.8424%(税込)の信託報酬を高いと思われる方もいるかもしれませんが、アクティブファンドの中でもトップクラスの低さです。

安心して資産運用を任せることができるファンドの1つだと思います。

少額からでも投資可能ですので、気になった方はぜひ検討されてみてください。

ひふみプラス
ひふみ投信、ひふみプラス、ひふみ年金の違いを比較。それぞれのメリット・デメリットを紹介日本株式中心の投資信託として根強い人気を持つひふみ投信。 ひふみ投信の姉妹ファンドには、「ひふみプラス」、「ひふみ年金」があります...
hihumi_diffrent
ひふみ投信、ひふみプラス、ひふみ年金の純資産額を比べてみた日本株の投資信託で根強い人気を持つひふみシリーズ。 今もっとも話題の投資信託と言っても過言ではありません。 私自身も毎月ひふ...