買ったもの

マネークリップでミニマルな生活を。使い方・メリット・デメリットを徹底解説

マネークリップ

おしゃれなファションアイテムとしても注目されつつある、マネークリップ。

財布と大きく使い勝手が違うということで、購入にためらわれる方もいるかと思います。

しかし、実際使ってみると見た目だけではなく、とても便利なアイテムです。

本日は、購入を検討されている人に向けにマネークリップの使い方、メリット・デメリット、種類などを徹底解説します。

マネークリップとは


マネークリップとはその名の通り、お金を挟むためのクリップです。

チップ文化のある海外で、スマートにチップを渡すために考案された紳士御用達のアイテムです。

日本ではチップ文化はありませんが、コンパクト、個性的、おしゃれなどといった理由で近年少しずつ広まっています。

マネークリップのメリット・デメリット

マネークリップのメリット・デメリット
  • 薄くてかさばらない
  • スムーズに支払いができる
  • 財布の整理整頓ができる
  • 値段が安い
  • 珍しがられる
  • お札に折り目ができる

薄くてかさばらない

薄くてかさばらないのが最大のメリットだと思います。

他のタイプの財布と比べて厚みがないため、かさばりません。

ポケットに入れても、膨らみや圧迫感がなく邪魔になりません。

スムーズに支払いができる

コンパクトなので、ポケットからサッと取り出せます。

お札をすぐに取り出せ、カードを探すこともありません。

もたつくことなく、スマートに支払うことが可能となります。

財布の整理整頓ができる

マネークリップは、お札だけを収納することを目的に作られています。

カードを収納できるタイプもありますが、少枚数しか収納できません。

そのため、財布がカードでごちゃごちゃするようなことはありません。

また、レシートも溜め込まず、その都度整理するような習慣がつきました。

値段が安い

マネークリップはシンプルな作りのため、安めの価格設定となっています。

本革製のマネークリップでも、他のタイプの財布と比べ安いです。

クリップ型でしたら良し悪しも分かりにくいため、安物でもひと目では分からないといったメリットもあります。

珍しがられる

財布を取り出す際に、よく珍しがられます。

一昔に比べて広まったと思いますが、それでもまだ珍しいようです。

財布が注目されることがなかったこともあり、中々気分がいいものです。

お札に折り目ができる

最大のデメリットが、お札に折り目ができることです。

特に二つ折りタイプは、折り目が入りやすいです。

お札が2つ折りの状態で取り出されるので、一度延伸ばしてから支払うこともあります。

私のマネークリップの使い方

GANZOのTHIN BRIDLE(マネークリップ)

私は、GANZOの「THIN BRIDLE(シンブライドル)」を購入しました。

関連記事革の魅力を楽しむ財布!!GANZOの「THIN BRIDLE マネークリップ」を購入

私のマネークリップの使い方を簡単にですがご紹介します。

小銭入れは使わない

マネークリップとは別に小銭入れを携帯されている方が多いようです。

しかし私は、まずは小銭入れなしで使用してみることにしました。

理由は、小銭入れを携帯するとかさばって、他のタイプの財布と変わらないと感じたためです。

小銭はポケットに直接入れて、帰宅後に別の財布か貯金箱に入れています。

今のところ何も不便に感じるようなことはありません。

電子マネーが普及したことで、現金を使う機会がほとんどなくなったお陰かもしれません。

収納しているカード

「THIN BRIDLE」は、5枚のカードを収納することができます。

これまでは、10枚以上のカードを財布に入れていたので減らす必要がありました。

結果的に、「ANA ワイドゴールドカード」、「イオンゴールドカード」、「Yahoo! JAPANカード」、「キャッシュカード」、「免許証」、「健康保険証」の6枚が残りました

支払いは全てメインのクレジットカードである「ANA ワイドゴールドカード」を使ってます。

「イオンゴールドカード」と「Yahoo! JAPANカード」は、ポイントや割引等のために入れています。

「キャッシュカード」は、これまでは2枚入れていましたが、これを機に1枚に減らしました。

「免許証」と「健康保険証」は、常に携帯するようにしているので、迷わず選びました。

「健康保険証」は薄いため、「免許証」と同じポケットに収納しています。

年に数十ポイント程度しか貯めていないものばかりだったので、整理できてスッキリしました。

また、カードを減らすことはできたのは、ポイントカードの電子化やお財布携帯(Apple Pay)が普及したことも大きいです。

全てのカードを電子化して欲しいと切に思います。

場面によって財布を使い分ける

古い財布は、ブランド物ということもあり、いい値段で購入しました。

まだ使用できるため、場面によって使い分けることにしました。

普段はマネークリップを使用し、大切な場面やかしこまった場面では古い財布を使うことにしています。

特にかしこまった場面だと、マネークリップでは少しラフ過ぎるので意識して使い分けてます。

マネークリップの種類

本来お札を挟むことを目的に作られたマネークリップ。

今では様々なタイプの商品が展開されていて、大きく3つにカテゴライズすることができます。

それぞれの特徴と用途について紹介します。

クリック型のマネークリップ

最もスタンダードでシンプルなタイプです。

金属製のものが多く、「お札をはさむ」という必要最低限の機能だけが備わっています。

最近では、シンプルさを保ちつつ、カードを1枚だけ収納できる商品も出ています。

とにかくシンプルにお札を持ちたい人におすすめです。

2つ折り型のマネークリップ

2つ折り型のタイプです。

革製のものが多く、中央部の「札ばさみ」でお札が落ちないように留めることができます。

2つ折りタイプは、カードが収納できるものが多く、収納枚数も製品によって異なります。

カードを収納したい、お金を他人に見られたくない、革製がいいという方におすすめです。

小銭入れ付きのマネークリップ

2つ折りに小銭入れがついたタイプです。

正直なところ、ここまでくると通常の財布と同じようなものです。

一応薄く作られている製品が多いですが、マネークリップのメリットであるシンプルさと薄さが失われています。

まとめ

マネークリップの使い方、メリット・デメリット、種類などについてご紹介しました。

一見使い勝手が悪そうに見えますが、おしゃれで非常に使い勝手がいいアイテムです。

様々な種類のマネークリップがあるので、きっと自分にあったものが見つかるはずです。

少しでも気になった方は、ぜひ使ってみてください。

GANZOのTHIN BRIDLE(マネークリップ)
革の魅力を楽しむ財布!!GANZOの「THIN BRIDLE マネークリップ」を購入財布をGANZO(ガンゾ)の「THIN BRIDLE(シンブライドル) マネークリップ」に買い換えました。 これまでは、ブランド物...