【投資信託】2017年4月1日 積立購入

1 min 46 views

毎月1日は投資信託の積立購入の日。
4月分の投資信託の購入が完了しましたのでご報告します。

積立銘柄

特定口座で以下のファンドを購入しました。

4月に購入したファンドと金額

  • ニッセイJリートインデックスファンド 20,000円
  • ひふみプラス 30,000円
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド 10,000円
  • 三菱UFJ国際-eMAXISバランス(8資産均等型) 20,000円

銘柄、積立金額は変わらずです。

今月に入り、市場の雲域がますます怪しくなってきました。

トランプ氏が大統領に選ばれてから続いていた好市場は終わり、投資家にとって我慢の時期に入ったのではと考えています。

私は投資を初めてからの約1年半の間にチャイナーショック、Brexitなどの暴落がありましたが、基本的に右肩上がりでした。

今後は今までのようにいかないはずなので、この機にポートフォリオの見直しも検討しています。

私が考えている見直しは、投資信託の利確です。

長期投資は、市場の動きに関わらず売却せず一定額を購入し続けていくのが基本だと認識しています。

しかし、やはり資産が減っていくのは気持ちいいものではないので、ここで利確をしておいて少し気持ちにゆとりを持たせたいと考えています。

現在、投資信託は同じ銘柄をNISA、特定口座の2つの口座で保有していているので管理が面倒くさく、常々整理したいと思っていました。

ここで利確しておいて、気持ちにゆとりを持たせるとともに銘柄の整理ができればと一石二鳥かと。

こんな調子で本当に投資を続けられるかと自分で心配になりますが、米国ETFである【VYM】と【VOO】だけは、市場がどうなろうが売るつもりはありません

未だに投資方針がフラフラしていますが、徐々に自分なりの投資方針を固めていけたらと思います。

べーやん

べーやん

九州在住、会社員。会社員の傍ら、世界中を旅しています。"今"を楽しみつつ貯蓄して、年間貯金額400万円を達成。 当ブログでは、資産運用、株主優待、生活、買ったものなどについて紹介しています。

FOLLOW

カテゴリー:
おすすめの投資本

おすすめのお金・投資本

第1位:ウォール街のランダム・ウォーカー
1973年に出版されてから世界中の投資家から読まれている超ベストセラーの名著です。私も米国投資を始める際にこの著書を参考にしました。


第2位:私の財産告白
明治時代に巨万の富を築いた本多静六によって書かれたお金に関する人生訓本です。一昔前に書かれた本ですが今の時代でも役に立つことが書かれています。資産形成をするのならぜひとも呼んでおきたい一冊。


第3位:みんなが欲しかった! FPの教科書 3級
お金全般について学びたいのならこの1冊!!フィナンシャル・プランナーの教科書ということもあり、様々な金融分野の基礎知識を学ぶことができます。全ページカラーでイラストも豊富なので、読みやすくイメージがわきやすいところもGOODです

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です