【2017年10月度】インデックス投資家の売買記録

売買記録

2017年10月度に購入した銘柄をご紹介します。

購入銘柄

下記銘柄を購入しました。

購入日銘柄名チェッカー保有口座購入数約定金額(円)
17/10/02ニッセイJリートインデックスファンド29314136特定口座0.704710,000
17/10/03ニッセイ外国株式インデックスファンド2931113C特定口座0.683310,000
17/10/04eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 3312175特定口座3.837340,000
17/10/06iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFHDVNISA329,479
17/10/17バンガード 米国高配当株式ETFVYMNISA327,969
17/10/19バンガード S&P 500 ETFVOONISA379,767

投資信託

投資信託は、毎月1日に自動で積立てるように設定しています。

先月と同じ金額を積立てました。

分散投資の意味合いを兼ねて、投資信託にも投資を続けています。

しかし、最近は「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」のみでも良いのではと思い始めてます。

仮に「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」の一本にする場合、現在保有している投資信託は売却すべきかどうか。

保有銘柄の整理を兼ねて出来れば売却したいですが、せっかく積立てきたのでもったいない気もしていて、非常に悩ましいです。

すぐに行動に移さず、しばらくじっくり考えてみることにします。




米国ETF

毎月10万円を目安にNISA口座で購入を行っています。

順調に株価が上がってきていることもあり、購入数を減らさないと投資予算の10万円に収まらなくなってきました。

今年までは購入数を変えることなく購入を続けることができそうですが、来年から購入数を減らすことになりそうです。

売買銘柄

今月は売却を行なっていません。

まとめ

今月は日本市場、米国市場共に好調でしたね。

特に日本市場は、16連騰と連騰記録を更新し、日経平均も1996年以来21年ぶりの高値を更新するなど明るいニュースが続きました。

市場が好調な時は、下手に購入せず淡々と積立てをするに限ります。

と言いながらも、決算発表後に大幅下落したAT&T【T】の新規購入を検討しています。

株価下落で配当利回りが5.8%まで上がっていて、32年連続増配というのがとても魅力的です。

決断できないマイナス要因は、株価の動きが激しく、保有したらストレスを感じそうという点です。

個別株は、2〜3銘柄しか保有しないと決めているので慎重に決断したいと思います

関連記事
2017年9月末時点の資産を紹介しています

【2017年9月度】インデックス投資家の売買記録

2017.10.08
【VYM】の特徴について紹介しています。

バンガード米国高配当株ETF【VYM】の特徴まとめ!積立購入にお勧めのETFです

2017.02.04
【VOO】の特徴について紹介しています。

米国ETFの王道!!バンガードS&P500【VOO】のまとめ

2017.03.13

コメントを残す