IPO

IPO(新規上場銘柄)の初値売りの注文は何時から?各証券会社の受付開始時間を紹介

IPO初値売り

IPO(新規公開株式)は、初心者でも大きな利益を出しやすく、人気の投資法となっています。

そんな、IPOでもっとも確実に利益を出す方法が「初値売り」です。

「初値売り」がオススメされる理由として、初値決定後の株価は乱高下しやすく素人には手を出しにくいという点もあります。

では、初値売りの注文は何時からできるのでしょうか?

本日は、各証券会社の初値売りの注文受付時間について調べてみました。

初値で売るには

初値で売る方法は簡単で、上場日に初値が決まる前に成行注文で売りに出すだけです。

しかし、いつ初値が決まるか分かりませんよね。

開始後すぐに初値が決まり、初値で売却できない可能性があります。

そのため、上場日当日の朝9時までに成行注文を入れるのが一般的です。

どこの証券会社でも、上場日の市場開始前に注文を入れることができます。

確実に初値で売るためには、事前に注文を入れておくようにしておきましょう。

IPOの初値売りの注文は何時から?

初値売りの注文受付開始時間
マネックス証券上場日前営業日の17時頃から
SMBC日興証券上場日当日の午前5時頃から
SBI証券上場日当日の午前4時頃から
大和証券上場日当日の午前6時頃から
カブドットコム証券上場日前営業日の16時から
楽天証券上場日前営業日の17時15分から
松井証券上場日前営業日の17時から

事前に売り注文ができるのなら、忘れないように購入注文時に売り注文も出しておきたいですよね。

残念ながら、注文の受付開始時間が決まっており、購入と同時に売りの注文をすることができません。

IPO(新規上場銘柄)の売り注文受付開始時間は、事前の夕方から上場当日早朝となっています。

証券会社それぞれ違っており、各証券会社の注文受付時間は、上記の表のとおりです。

一番早くから売り注文を受付されているのは、カブドットコム証券の上場日前営業日の16時。

一番遅いのが大和証券の上場日当日の午前6時頃となっています。

まとめ

以上、IPO(新規上場銘柄)の売り注文受付開始時間を証券会社毎にご紹介しました。

ご紹介したように証券会社毎に売り注文受付開始時間が異なります。

IPOの売却タイミングは難しいからこそ、初値売りで確実に利益を狙っていくのが良いかと思います。

初値売りをされている方は、上場前に必ず注文を入れることを忘れないようにしておきましょう。

米国投資
はじめての米国株投資!SBI証券で米国株式(外国株式)を購入する方法近年、米国株のパフォーマンスや配当利回りがいいこともあり、米国株投資がブームになりつつあります。 その一方で、米国株投資に挑戦して...