銀行

全国に支店がある三大メガバンクを徹底調査

メガバンクの支店

金融機関には、メガバンク(都市銀行)、地方銀行、信用金庫、ゆうちょなど、様々な種類があります。

数ある金融機関の中でも多くの方が利用されているのが、メガバンクです。

メガバンクと言えば、日本を代表する銀行。

私は、「メガバンクは全国に有人支店(店舗)を持っている」と当然のように思っていました。

しかし、地方では有人支店(店舗)が置かれていない銀行があるそうです。

そこで本日は、三大メガバンクの有人支店(店舗)がどの都道府県に置かれているかを調査してみました。

この記事では

  • 全国に有人支店(店舗)が置かれている銀行
  • 有人支店(店舗)が置かれていない都道府県
  • おすすめの金融機関

について、ご紹介していきます。

この記事を読むことで、あなたにあった金融機関が分かるかと思いますので、ぜひご一読を!!

三大メガバンク(都市銀行)とは?

日本の3大メガバンク
本題の前に、メガバンク(都市銀行)について簡単にご紹介します。

メガバンクとは、日本全国の主要都市に本店を置き、世界、日本全国に視点がある大規模な普通銀行のことです。

三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行は、三大メガバンクと呼ばれ日本を代表する銀行となっています。

かつては多くのメガバンクが乱立していましたが、合併や再編を繰り返し、現在の体制に落ち着いています。

三大メガバンクと一括りにされていますが、それぞれに強み・弱みがあり、特徴が異なります。

全国に有人支店(店舗)がある3大メガバンク

全国に支店がある三大メガバンク

結論から述べますと、全国都道府県に有人支店(店舗)を展開しているのはみずほ銀行のみです。

三菱UFJ銀行と三井住友銀行は、有人支店(店舗)を置いていない都道府県があります。

有人支店(店舗)が置かれていない都道府県は下記のとおりです。
(各銀行のHPから集計しました。記載内容に誤りがある場合は、ご連絡ください。)

  みずほ銀行 三菱UFJ銀行 三井住友銀行
北海道
青森県 × ×
岩手県 × ×
宮城県
秋田県 × ×
山形県 × ×
福島県 × ×
茨城県
栃木県 ×
群馬県 ×
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県 ×
石川県
福井県 ×
山梨県 ×
長野県 ×
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県 ×
滋賀県 ×
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県 × ×
島根県 × ×
岡山県
広島県
山口県
徳島県 ×
香川県
愛媛県 ×
高知県 × ×
福岡県
佐賀県 ×
長崎県 ×
熊本県
大分県 ×
宮崎県 × ×
鹿児島県 ×
沖縄県 × ×

みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行の順に全国展開されています。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行の2行とも有人支店(店舗)が置かれていないのは、「青森県」、「岩手県」、「秋田県」、「山形県」、「福島県」、「鳥取県」、「島根県」、「高知県」、「宮崎県」、「沖縄県」の10県になります。

この10都道府県を見ていると、展開されていない理由は、人口が少ない、過疎化が進んでいるなどが考えられます。

地方在住の人におすすめの金融機関

おすすめの金融機関

三大メガバンクが、誰にでも使い勝手が良い金融機関ではないことが分かりました。

では、万人におすすめできる金融機関とはいったいどこでしょうか?

窓口の利用が必要ならば、「ゆうちょ銀行」をおすすめします。

ゆうちょ銀行なら、日本全国の都道府県に展開されていて、支店数もかなりあって、地方の人でも困ることはないかと思います。

最近は、ネットバンクなどにも力を入れていて、使い勝手も良くなってきています。

みずほ銀行は、現在全国47都道府県に有人支店(店舗)が置かれていますが支店数は少ないです。

また近い将来、撤退する都道府県が出てくる可能性があります。

というのも、メガバンクはコスト削減のために地方支店の閉鎖を進めていくという話がでているからです。

今後メガバンクの支店は都心部に集中し、無人店舗が増えていくのではと思います。

窓口が不要なら、「ネットバンク」をおすすめします。

コンビニなどで無料でお金をおろすことができ、振込手数料も安いです。

ネットバンクの口座を1つもっていると、何かと便利ですよ。

SBIネット銀行
【住信SBIネット銀行】Visaデビット付キャッシュカードの特徴と作り方をまとめてみたネットバンクの代表格である住信ネット銀行。 2016年1月27日より「Visaデビット付キャッシュカード」の発行が開始されました。 ...

まとめ

以上、全国に支店がある三大メガバンクについてご紹介しました。

有人支店(店舗)が置かれていない都道府県が多く驚きの結果となりました。

ネットバンクやATMが増えたこともあり、窓口を利用する機会は減りましたが、窓口の需要はまだまだあるかと思います。

地方に移住される場合、移住先に有人支店(店舗)があるか、あらかじめチェックしておく必要がありそうですね。

これを機に、金融機関の見直しを行うのも良いかもしれません。