資産ポートフォリオと運用成績を公開【2020年7月】

2 min 663 views
投資資産公開_202007

こんにちは、べーやんです。

会社員のかたわら、投資で資産形成を行っています。

米国中心に投資をしており、毎月一定の額を積み立てています。

そんな親米投資家の投資運用状況を毎月公開しています。

本日は、2020年7月末の

  • 投資資産状況
  • 売買記録
  • 受け取った配当金
  • ポートフォリオとアセットアロケーション

についてご紹介します。

みなさんの投資の参考にしていただければ幸いです。

投資資産状況

2020年7月末時点の投資資産状況です。

投資資産_202007

2020年6月は、損益が前月比23.87%プラスでした。

6月の3.01%マイナスから大きく上げました。

7月は株高もですが為替の影響もあったかと思います。

売買記録

2020年7月末時点の売買記録です。

購入銘柄

購入銘柄_202007

2020年7月は、合計179,924円の投資を行いました。

【VYM】、【HDV】、【VOO】、【BND】、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)を購入しました。

今月も定期買付のみ行っています。

下手に手を出すより定期買付で淡々と投資をしたほうがうまくいっている気がしています。

とは言いつつ、定期買付のみではつまらないのでタイミングを見計らって購入していこうと思います。

売買銘柄

2020年7月末時点の売却銘柄です。

売却銘柄_202007

今月はeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)を売却しました。

809円のプラスとなっています。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は楽天ポイントを目的とした投資のため定期的に売却するようにしています。

約1年6ヶ月ほど毎月購入しているので、楽天ポイントだけでも9,000ポイントほど貯まったことになります。

運用成績もプラスですし、言うことなしの結果ですね。

配当金

2020年7月の配当金・分配金です。

配当金_202007

今月は、【BND】、【VOO】、【KO】から配当金がありました。

配当合計額は100.9ドルでした。

キャピタルゲイン狙いで投資をしている【VOO】からも、それなりの額の配当金が出るようになりました。

アセットアロケーション

2020年7月末時点のアセットアロケーションです。

先月から大きな変化はありません。

アセットアロケーション_202007

▼米国株に集中投資している理由を紹介しています

ポートフォリオ

2020年7月末時点のポートフォリオです。

ポートフォリオ_202007
ポートフォリオ_202007

ETFがだいぶ回復してきて、特に【VOO】は含み益が大きくなってきました。

一方で【VYM】、【HDV】の高配当ETFは未だ含み損の状況です。

私は高配当投資は含み損を抱えていたら本末転倒だと考えているので、よろしくない状況ですね。

だからと言ってできることはないので、辛抱強くホールドするのみです。

保有額はわずかですが、個別株の含み損も目立つので頑張ってもらいたいとことです。

まとめ

7月のTOPIC
  • 前月比23.87%プラス
  • 【BND】、【VOO】、【KO】から配当金

以上、2020年7月の投資運用状況のご紹介でした。

7月は為替の影響もあり、損益が前月から大幅アップ。

ここのところの米国市場はグロース株の勢いが凄いですね。逆に高配当株は残念な結果になっています。

少しずつコロナショックの暴落から回復してきていますが、私のPFは市場から置いていかれている感が否めません。

再び高配当株に脚光が浴びる日が来るのか分かりませんが、とりあえずホールドを続けていこうと思います。

べーやん

べーやん

九州在住、会社員。会社員の傍ら、世界中を旅しています。"今"を楽しみつつ貯蓄して、年間貯金額400万円を達成。 当ブログでは、資産運用、株主優待、生活、買ったものなどについて紹介しています。

FOLLOW

カテゴリー:
おすすめの投資本

おすすめのお金・投資本

第1位:ウォール街のランダム・ウォーカー
1973年に出版されてから世界中の投資家から読まれている超ベストセラーの名著です。私も米国投資を始める際にこの著書を参考にしました。


第2位:私の財産告白
明治時代に巨万の富を築いた本多静六によって書かれたお金に関する人生訓本です。一昔前に書かれた本ですが今の時代でも役に立つことが書かれています。資産形成をするのならぜひとも呼んでおきたい一冊。


第3位:みんなが欲しかった! FPの教科書 3級
お金全般について学びたいのならこの1冊!!フィナンシャル・プランナーの教科書ということもあり、様々な金融分野の基礎知識を学ぶことができます。全ページカラーでイラストも豊富なので、読みやすくイメージがわきやすいところもGOODです

関連記事