資産公開

【資産公開】2018年5月末のポートフォリオとアセットアロケーション

資産公開

2018年5月末のポートフォリオ、アセットアロケーション公開です。

投資資産状況

2018年5月31日時点の投資資産状況です。

  2108年4月末 2108年5月末 先月比
投資額 3,513,010 3,625,021 3.19%
評価額 3,562,241 3,674,092 3.14%
配当金(累計) 57,913 58,875 1.66%
売却済損益 146,511 146,511 0.00%
損益 253,655 254,457 0.32%

5月は積立購入のみでした。

配当金は【BND】から受取りました。

4月は損益が前月比プラス25.02%と大幅アップでしたが、5月は前月比プラス0.32%と僅かでした。

関連記事【2018年5月の配当金】米国債権は安心して保有できます

関連記事【2018年5月の売買記録】1つの銘柄を2回に分けて購入している理由

アセットアロケーション

2018年5月31日時点のアセットアロケーションです。

アセットアロケーション

先月から、大きな変更はありません。

ポートフォリオ

2017年5月31日時点のポートフォリオです。
ポートフォリオ

銘柄名 チェッカー 保有口座 評価額(円) 評価損益(円) 損益率
バンガード 米国高配当株式ETF VYM NISA 579,603 26,014 4.70%
バンガード 米国高配当株式ETF VYM 特定口座 226,407 12,444 5.82%
バンガード S&P 500 ETF VOO NISA 859,528 51,436 5.98%
バンガード S&P 500 ETF VOO 特定口座 241,742 -5,507 -2.23%
iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF HDV NISA 210,244 -5,674 -2.63%
iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF HDV 特定口座 411,348 -22,937 -5.28%
バンガード 米国トータル債券市場ETF BND 特定口座 476,279 -12,194 -2.50%
コカ・コーラ KO 特定口座 185,538 2,130 1.16%
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 3312175 特定口座 483,403 3,359 0.70%

【VOO】と【KO】を除く、全ての銘柄が先月から下げています。

【BND】は、今月も下げています。長期保有して、配当金で利益を得ることを狙っていくしかないですね。

また、【HDV】の下げも止まりません。同じ高配当ETFである【VYM】と大きく差が開いています。

分散投資を兼ねて、【VYM】と【HDV】を購入していますが、きちんと役割を果たしてくれていますね。

ポートフォリオのバランスも良い感じに均等な比率になってきました。

個別銘柄を後2〜3つほど新規購入したいと思っていたのですが、なかなかできず。

いっそうのこと【KO】を売却して、ETFと投資信託のみのシンプルなポートフォリオにしてしまおうかと検討しています。

売却銘柄

2018年5月30日時点の売却銘柄です。

  買値 売値 損益
かんぽ生命保険 220,000 376,568 156,568
フィット 189,000 173,901 -15,099
NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信 469,950 414,450 -55,500
コメダホールディンク 196,000 185,620 -10,380
日本郵政 140,000 142,506 2,506
ゆうちょ銀行 145,000 139,506 -5,494
東芝 175,916 101,659 -74,257
eMAXISバランス(8資産均等型) 290,000 218,759 18,759
ひふみプラス 400,000 478,610 78,610
ニッセイ外国株式インデックスファンド 290,000 336,993 46,993
ニッセイJリートインデックスファンド 410,000 413,805 3,805

先月と変わりありません。

まとめ

以上、2018年5月末のートフォリオとアセットアロケーションの紹介でした。

5月のTOPICS
  • PFのほとんどの銘柄が先月から下がっている
  • 【BND】から配当金

以上、2018年5月のポートフォリオ、アセットアロケーション公開でした。

2018年に入って、株価下落が続きましたが少し落ち着いてきた感がありますね。

と言っても、相変わらず長期金利の上昇で国債は下げてますし、ディフェンシブ銘柄も軒並み下がっているように感じます。

ヨーロッパ各国の経済問題、北朝鮮問題などの株価下落の火種がくすぶっているのも気になります。

2017年は右肩上がりの相場で安心して相場を見ていることができましたが、2018年はそうはいかないようですね。

何があろうとも、毎月のの積立投資と3ヶ月に1度のスポット購入は必ず続けていきたいと思います。

資産公開
【資産公開】2018年4月末のポートフォリオとアセットアロケーション2018年4月末のポートフォリオ、アセットアロケーション公開です。 - バックナンバーをみる - 投資資産状況 2018年...
投資方針
【2018年】インデックス投資家の投資方針2018年の投資方針についてご紹介します。 確信をもって投資を行っていくためとこれまでの投資の備忘録を兼ねて、投資方針を残すように...