株主優待

楽天証券の信用取引口座の開設方法と審査基準を紹介

楽天証券の信用取引口座

本日は、楽天証券の信用取引口座の審査基準と開設方法についてご紹介していきます。

楽天証券は、一般信用の取扱があり、クロス取引ができる数少ない証券会社の一つです。

取扱銘柄数も多く、優待クロス取引をするなら開設しておきたいところです。

優待クロスをされている方、これから信用取引口座の開設を考えている方、ぜひご一読を!!

楽天証券の信用取引口座の審査基準

信用取引は、証券会社からお金を借りることで自己資金以上の取引を行うことができます。

そのため、現物株取引以上にリスクが高く、開設にも厳しい審査が行われています。

気になる審査基準ですが、

・弊社の総合取引口座または法人口座を開設している
・インターネットをご利用になれる環境にある (仲介業者経由のお客様を除く)
・ご自身のメールアドレスをもっている
・登録の電話番号に間違いがなく、常時連絡をとることができる
・他社を含め、信用取引あるいは一定の現物株式取引の投資経験がある
・金融資産が100万円以上ある
・年齢が80歳未満であること(原則)

と楽天証券のHPに以下のように記されています。

年齢について

年齢は80歳未満の成人であることが条件とされています。

但し書きで「原則」と記載されているので、例外ケースがあるのかもしれません。

金融資産について

楽天楽天では、金融資産が100万円以上であることと明記されています。

証券会社からお金を借りるわけなので、担保となる十分な金融資産も条件とされています。

明記されていませんが、証券担保ローンを契約している方も審査に引っかかる可能性があります。

連絡先について

メールアドレスと電話番号が必須となります。

審査時に電話がかかってくる場合もあるとのことで、必ず連絡がつく電話番号を登録しておきましょう。

投資経験について

他社を含め、投資経験があることが条件とされいています。

私は、楽天証券で一度も取引したことがなかったのですが、開設することができました。

他社で何かしらの取引経験があれば、開設できるかと思います。

楽天証券の信用取引口座開設の方法

楽天証券の一般信用口座開設の流れ

楽天証券の信用取引口座の開設方法を画像付きでご紹介していきます。
 
申込みは、「電子交付の同意、口座開設基準の確認」、「信用取引口座申込についての問診」の2STEPだけで、5分もかからず完了します。

しっかりと内容を確認し、申込み手続きを行ってください。

楽天証券にログイン

楽天証券の一般信用口座開設

楽天証券証券のTOPページからユーザーネーム、パスワードを入力して、ログインします。

あらかじめ楽天証券の総合口座を開設しておく必要があります。

信用取引口座の開設ページに移動

楽天証券の一般信用口座申込みページ

ログインしたら、トップページ上部メニューの「国内株式」→「信用取引情報」の順にクリック。

楽天証券の一般信用口座申込みページ

信用取引口座のページに移動するので、「信用取引」の横にある「申込」ボタンをクリック。

電子交付の同意と登録内容の確認

楽天証券の電子交付の同意

電子交付を確認し、「電子交付に同意する」のチェックボックスをチェック。

登録内容が間違っていないことを確認し、「Step3 口座開設基準の確認」のボタンをクリック。

「登録内容の確認」では、総合口座に登録してある内容が表示されます。

口座開設基準の確認

楽天証券の口座開設基準の確認

口座開設基準確認ページに遷移します。

「取引経験・金融資産等」の欄は、該当するものを選びます。

「勤務先業種」を入力します。

必須項目を全て入力すると、「ご確認が必要な項目があります」ボタンがクリックできるようになるのでクリック。

ここでの回答は審査時の重要な項目となるのでよく読んで回答してください

信用取引についての確認

楽天証券の信用取引についての確認

信用取引についての質問を読み、該当するものを選びます。

必須項目を全て入力すると、「ご確認が必要な項目があります」ボタンがクリックできるようになるのでクリック。

ここでの回答は審査時の重要な項目となるのでよく読んで回答してください

信用取引についての最終確認と申込み

楽天証券の信用取引についての最終確認

先程回答した内容が表示されます。申し込み最後の確認画面になります。

間違いがないかをチェックし、「Step6 お申込み」ボタンをクリック。

信用取引口座の開設完了の知らせを待つ

楽天証券の信用取引口座開設の連絡

上記の画面が表示されたら、楽天証券の信用取引口座の申込み完了です。

登録メールアドレスに信用取引口座開設の申込みのメールが届いているはずです。

私の場合、申し込みから3日後に審査結果の知らせがきて、その翌日に口座の開設が完了しました。

それから、しばらく立ってから郵便でも信用取引口座開設の案内が届きました。

まとめ

以上、楽天証券の信用取引口座の審査基準と開設方法についてご紹介しました。

楽天証券の信用口座の開設も、他の証券同様、簡単かつすぐにできます。

一般信用の在庫には証券会社ごとに在庫が決まっているので、できるだけ多くの口座を開設して置いたほうが有利です。

ぜひ、この機会に信用取引口座の開設にチャレンジされてみてください。

SBI証券の信用口座開設
SBI証券の信用取引口座の開設方法と審査基準を紹介SBI証券で信用取引を行うには、専用口座である「信用取引口座」の開設が必要です。 だれでも開けるというわけではなく、開設するための...