【SBI証券】外貨決済するためのお得な米ドル購入法

外貨決済

SBI証券では、米国株(米国ETF)を購入する際に円貨決済と外貨決済を選ぶことができます

私は手軽さ重視で円貨決済で購入してきました。

しかし、改めて調べてみると円貨決済は手数料(スプレッド)が割高で外貨決済の方がお得だということが分かりました。

そこでSBI証券で外貨決済するためのお得な米ドルの買い方を検討してみました。

円貨決済、外貨決済とは

本題の前に円貨決済、外貨決済とは何かについて紹介します。
画像はSBI証券さんからお借りしました。

円貨決済について

円貨決済

円貨決済は事前に外貨を準備しておく必要がなく日本円で外国株を購入することが出来ます。

手軽さが魅力の円貨決済ですが、手数料(スプレッド)が割高です。

SBI証券では円貨決済の場合1ドルあたり25銭のスプレッドが発生します。

また、注意点としては約定した時間の為替レートではありません

現地約定日の翌国内営業日午前10:00の為替レートが適用されます。

外貨決済について

外貨決済

外貨決済は事前に準備していた外貨で外国株を購入します。

事前に外貨を準備しておく手間はかかりますが、手数料(スプレッド)が割安です。

もちろん、外国株を購入する際の為替手数料は発生しません。

外貨決済に使える米ドルの購入先と手数料

外貨決済に使える米ドルの購入先と手数料は下記の通りです。

 スプレッド(1$あたり)買付手数料最低買付積立
MMF25銭なし5000円
住信SBIネット銀行4銭なしなし
SBI FX α0.5銭なし1万通貨単位

MMF

SBI証券のMMFでドルを購入することが出来ます。

買付手数料はかかりませんが、1ドルあたり25銭のスプレッドが発生します。

また、毎月の積立購入が可能で、手数料、スプレッドは通常購入と変わりはなく1ドルあたり25銭のスプレッドが発生します。

円貨決済とスプレッドは変わりませんが、定期的に購入することで為替変動のリスクを回避できます

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行からドルを購入することが出来ます。

SBI証券とは別途、住信SBIネット銀行の口座を開設する必要があります。

買付手数料はかかりませんが、1ドルあたり4銭のスプレッドが発生します。

また、毎月/毎週/毎日の積立購入が可能で、手数料、スプレッドは通常購入と変わりはなく1ドルあたり4銭のスプレッドが発生します。

円建てやMMFよりスプレッドが安く、積立設定も細かく設定できるためより為替変動のリスク回避ができます。



SBI FX α

SBI FX αからドルを購入することが出来ます。

SBI証券とは別途、SBI FX αの口座を開設する必要があります。

買付手数料はかかりませんが、1ドルあたり0.5銭のスプレッドが発生します。

スプレッドの安さは魅力ですが、最低買付が1万(約100万円)通貨単位と一度にまとまった金額を取引する必要があります

また毎月/毎週/毎日の積立購入が可能で、手数料は変わりませんが、1ドルあたり5銭のスプレッドが発生します。

FX積立で購入したドルは現引き(外貨建て)できないので注意してください。

もっとも安くドルを購入することが出来ますが、一度にまとまった金額を購入しなければなりません。

一番お得な米ドルの購入先は?

多額の購入ならSBI FX α少額の購入なら住信SBIネット銀行になります。

SBI FX αのスプレッドは1ドル0.5銭と他と比べると圧倒的な低コストですが、一度の取引でが1万通貨(約100万円)以上の取引を行わなければなりません。

本来、1ドル5銭で1通貨単位で取引ができるSBI FX αでの積立をお勧めしたいのですが残念ながら現引き(外貨建て)できません。

住信SBIネット銀行は1ドル4銭とSBI FX αと比べると割高ですが、少額から取引ができて毎日積立を行うこともできるので為替変動のリスク回避になります。

最後に

以上、SBI証券で外貨決済するためのお得な米ドルの買い方についての紹介でした。

私はこれを機に円貨決済から住信SBIネット銀行でドルを積立し外貨決済で購入することにしました。

コストを抑えるためでもありますが、為替変動のリスク回避が一番の理由です。

為替変動のリスクが軽減されたことで、より米国株に投資しやすくなりました。

1 個のコメント

  • コメントを残す