私が毎年スマートフォンを買い替えている理由

スマートフォン

今年も待ちに待った新型iPhoneの発表と発売日が近づいてきました。

「iPhone8」、「iPhone8 Plus」、「iPhone8 Edition」の複数モデルが発売される?、従来と比べて値段が高くなる?等と様々な憶測が飛び交って発売前から盛り上がっています。

私もiPhoneユーザで毎年買い替えていることもあって楽しみにしています。

周りに毎年買い替えていることを話すとよく驚かれ、「お金があるね」、「贅沢だね」などと言われます。

毎年買い換えるのは少数派かもしれませんが、私なりに毎年買い替えている理由があるのです。

そこで、本日は私が毎年スマートフォンを買い替えている理由をご紹介したいと思います。

毎年買い替えている理由

時間短縮

一番の理由は新機種に変えることで時間短縮に繋がるからです。

アプリの起動や操作で待たされることがあるかと思います。

特にゲーム等の処理が重いアプリ程、待ち時間が長くなります。

日頃頻繁に使用する物だからこそ、この待ち時間はもったいないと感じています。

この待ち時間ですが、新機種に変えることで処理速度が改善され短縮することが出来ます。

スマートフォンの進化は著しく、たった1年で驚くほど高機能、ハイスペックになっており処理速度が改善されています。

スマートフォンの使用頻度を考えると、1,2秒の違いでも1年では大きな時間短縮に繋がるはずです。

特に私は仕事柄四六時中欠かさず使用しているので時間短縮の効果は大きいかと思います。

また、Apple Pay(おサイフケータイ)などの新機能は、時間短縮するだけではなく生活を便利にしてくれたりもします。

ストレス軽減

時間短縮とも関係しているのですが、待ち時間が長かったり、操作が重いとストレスが溜まりませんか?

新機種に変えると待ち時間も減り、キビキビと操作ができるようになり、ストレスも軽減されます。

せっかちに思われるかもしれませんが、私にとってはとても重要なことで買い替える理由の1つになっています。



意外と安い

スマートフォンって、ものすごく高いイメージがありますよね。

私が所有しているiPhone7(256GB)は本体価格が11万1840円もします。

しかし、ここから色々な割引がされていきます。

まず、大手キャリアの特色でもある月月割です。

2年間、毎月2830円引かれて、6万7920円の割引となります。

私の場合、約1年で買い替えているので約3万3960円の割引です。

さらに私は新機種を買い替える時は必ず旧機種を売却するようにしています。

2年経つと価格もかなり落ちるのですが、1年間ぐらいだとそれなりの価格で買い取ってくれます。

いつもはヤフーオークションで売却するのですが、前回は売却が面倒でSoftBankで3万3600円で買い取ってもらいました。

最後に、MNP予約番号を取得する際にもらえるかもしれない「引き止めポイント(コジ割)」による値引きです。

引き止めポイント(コジ割)とは、簡単に言うと「ポイントあげるから他社に移らないで」といった割引です。

必ずもらえるわけではなく、もらえるかどうかは電話してみないと分かりません。

私は運良く4回連続でもらっていて、前回はiPhoneの購入に充てる期間限定ポイントを3万円分もらえました。

これらの割引を考慮すると1万4280円で購入できたことになります。

この価格で快適になるのならば買い替える価値は十分にあると思います。

ちなみに引き止めポイントですが、私の場合は現在使用しているキャリア(SoftBank)に長年不満を持っており本当にMNPをしたく電話しています。

引き止めポイント(コジ割)をもらっているのでMNPを止めていますが、もらえていなかったらキャリアを変えていたはずです。

まとめ

以上、毎年スマートフォンを買い替えている理由のご紹介でした。

長々と書きましたが、最先端の技術への興味も理由の1つなのかもしれません。

どちらにしても私にとって大金を払ってでも、スマートフォンを毎年買い替える価値があるものだと思っています。

今年も様子を見て新型iPhoneに買い替えるつもりです。

コメントを残す