IPO

ソフトバンクIPO(9434)の購入理由と初値売りの結果【新規上場】

ソフトバンクのIPO

ソフトバンクグループの子会社である「ソフトバンク(9434)」が2018年12月19日に新規上場します。

誰もが知っている会社であり、国内歴代最大規模のIPOということで上場前から話題となっています。

その一方で、前評判は決して良いとは言えず、公募価格割れするのではとも言われています。

その結果、IPO当選しても辞退する人が続出しているようです。

そんな話題が尽きないソフトバンクのIPOですが、私は購入することにしています。

そして、長期保有はせず、初値売りで手放すことにしました。

本日は、私がソフトバンク(9434)のIPOの購入理由と初値売りの結果をご紹介したいと思います。

ソフトバンク(9434)ってどんな会社?

ソフトバンクのIPO

ソフトバンク(9434)は、ソフトバンクグループから分社化しできた、子会社です。

ソフトバンクグループの子会社は、他にヤフー、スプリント、armなどがあります。

ソフトバンクは、日本3大キャリアの1つである大手通信会社です。

犬のお父さんや上戸彩が出ているCMなどで、お馴染みの会社ですね。

これまでは、ソフトバンクグループが株式の99.99%を保有していました。

今回のIPOでの調達金額は約2.6兆円と言われ、歴代最大規模のIPOとなっています。

ソフトバンク(9434)のIPO抽選結果

証券会社申込数当選数
SBI証券5100株2400株
SMBC日興証券100株100株
大和証券100株100株
野村證券200株0株
マネックス証券100株0株
みずほ証券100株0株

今回のソフトバンクのIPOは、様々な証券会社で取扱が行われました。

私は、上記6会社で抽選申込みを行い、3社で計2600株が当選しました。

前評判を聞いていると全て当選するのではと思っていましたが、申込みの半分が当選という結果になりました。

SBI証券会社は、Twitterを見ているとかなりの人が当選しているようですね。

そして、SMBC日興証券と相性が良いようで、今回も見事に当選しました。

当選辞退が相続いていますが、私はSMBC日興証券から100株のみ購入することにしました。

ソフトバンク(9434)IPOの購入理由

お祭り騒ぎに参加したいから

購入に踏み切った一番の理由は、お祭り騒ぎに参加したいというしょうもない理由です。

こういったお祭り騒ぎは、外から見ているより参戦したほうが絶対おもしろいです。

当選しているのにも関わらず辞退していたら、後々後悔しそうなので参戦することにしました。

公募割れしても損失は僅かだから

上場前に悪材料が出て、公募割れが噂されているソフトバンク。

しかし、私は世界的に知名度がある大手企業ということもあり、公募割れを意地でも回避するのではと、素人ながら考えています。

そのため、仮に公募割れしても、数千円程度では想定しています。
(最悪ケースの損失は3万円を想定しています。)

この程度の損失なら許容範囲ですし、損益通算をしたら良いかなと思っています。

ちなみに、予想会社の最終初値予想は1,500円となっています。

SMBC日興証券のペナルティを回避するため

SMBC日興証券は、抽選で当選したIPOを辞退するとペナルティが発生します。

ペナルティと言っても、IPOに一ヶ月間参加できなくなると言ったものです。

IPOに当選する見込みは少ないですし、市場が休みである年末年始を挟んでの一ヶ月間なので、影響はほとんどありません。

影響はありませんが、できれば避けたいということで、当選した3社からSMBC日興証券から購入することにしました。

他に当選したSBI証券、大和証券はIPO辞退しても、ペナルティは発生しません。

ソフトバンク(9434)IPOを初値売りした結果

ソフトバンクIPOの初値売り
IPOをする上で、当選したら初値売りをするという自分ルールを作っています。

そのため、今回も初値売りを行いました。

初値売りの結果ですが、公募割れの1,463円で売却となりました。

上場当日は、大きく公募割れするのではとTwitterで盛り上がっていましたが、公募価格からマイナス37円と踏ん張りました。

初値をつけた後は、大きく下がり、最安値1,176円まで下がっています。初値で手放しておいて、本当良かったです。

まとめ

以上、ソフトバンク(9434)のIPOの購入理由と初値売りの結果をご紹介しました。

国内歴代最大規模のIPOでしたが、公募割れという非常に残念な結果となりました

やはり、証券会社がおすすめするものは手を出さないのが一番ですね。

個人的に損はしましたが、それ以上に楽しめて大満足しています。

今後も悪い意味で語り継がれていくIPO案件だったと思うので、いい話のネタになりそうです。

IPO初値売り
IPO(新規上場銘柄)の初値売りの注文は何時から?各証券会社の受付開始時間を紹介IPO(新規公開株式)は、初心者でも大きな利益を出しやすく、人気の投資法となっています。 そんな、IPOでもっとも確実に利益を出す...
IPOの当選回数と損益
【IPO投資成績】会社員投資家の当選回数と損益を大公開私が投資を行うきっかけとなったのは、IPO(新規公開株)でした。 2015年の日本郵政グループ3社のIPOを機に、本格的に投資を開...