銘柄紹介

バンガード・S&P500ETF 【VOO】の配当金推移と増配率のまとめ

VYM(バンガード)

バンガード社が販売する、バンガード・S&P500ETF 【VOO】。

米国株市場の代表的なS&P500を株価指数にしており、王道の米国ETFとも言われています。

どちらかというとキャピタルゲインがメインのETFですが、配当金もしっかりと出ています。

そこで、この記事では、

  • 【VOO】の配当金(分配金)の推移
  • 【VOO】の増配率の推移
  • 【VOO】でいくら儲かったのか?

について紹介します。

この記事を読むことで、過去の【VOO】配当金と増配率の推移が分かるので、ぜひご一読を!!

米国高配当株ETF【VOO】の概要

【VOO】概要(2019年9月時点)
ETF名称(日本)バンガード・S&P500ETF
ETF名称(米国)Vanguard 500 Index Fund
ティッカーVOO
ベンチマークS&P500
上場取引所NYSE Arca
純資産総額1,150億米ドル
経費率0.03%
配当利回り1.43%
配当月年4回(3月/6月/9月/12月)
構成銘柄数509銘柄
設定日2010年9月

【VOO】はバンガード社が販売している米国株ETFで、2010年に設立されました。

米国の主要業種を代表する500銘柄で構成されている、「S&P500」をベンチマークとしています。

ウォーレン・バフェット氏が勧めているベンチマークとしても有名です。

配当利回りは1.95%と、高配当銘柄が多い米国株からするとちょっと物足りないですね。

総純資産額も他のS&P500のETFと比べ低い額となっています。

低コストを追求するバンガード社のETFということもあり、順調に資産額を延ばしているので時期に追いつくのではと思います。

▼【VOO】の詳細について紹介しています

VYM(バンガード)
バンガードS&P500【VOO】を徹底解説!!特徴、配当金、構成銘柄などを紹介バンガード・S&P500ETF 【VOO】は、バンガード社が販売している米国ETFです。 米国株式市場の動向を表す代表的な株価指数...

【VOO】の配当月はいつか?

【VOO】は年に4回配当金が支払われます。

配当月は、3月、6月、9月、12月と設立当初から変わっていません。

権利落ち日は基本月末となっているため、実際に配当金を受け取れるのは翌月になります。

権利確定日
株主優待/配当金の権利確定日、権利落ち日、権利付最終日とは?株を買う際に、いつ株主優待や配当金がもらえるのか気になりませんか? 株主優待や配当金は株を購入したからといって、すぐに貰える訳では...

【VOO】の配当金推移(4半期ごと)

設立された2010年から2019年までの配当金額とその推移についてまとめました。

VOOの配当金推移
Ex-Div配当金(ドル)配当金(円)
2019/06/271.38590149.39
2019/03/211.45510161.50
2018/12/171.28900143.08
2018/09/261.20670137.04
2018/06/281.15730127.93
2018/03/261.08370115.13
2017/12/261.18390133.78
2017/09/201.17600132.57
2017/06/231.01000113.12
2017/03/220.99800111.97
2016/12/221.29600150.97
2016/09/130.8830089.29
2016/06/210.9530098.07
2016/03/211.00600113.36
2015/12/211.09200131.71
2015/09/210.95300114.32
2015/06/220.90200110.45
2015/03/230.98400118.25
2014/12/181.02600123.68
2014/09/220.8760095.88
2014/06/230.8090082.00
2014/03/240.7790080.17
2013/12/240.9140096.33
2013/09/230.3930038.42
2013/06/240.3690036.38
2013/03/220.3350031.51
2012/12/240.4700040.69
2012/09/240.3430026.62
2012/06/250.3200025.38
2012/03/260.2850023.42
2011/12/230.3430026.66
2011/09/230.2900022.23
2011/06/240.2850023.01
2011/03/250.2680022.28
2010/12/270.2630021.43
2010/09/240.2790023.39

設立当時の配当金は1株0.279ドルだったのが、2019年には1.3859ドルと約1.1069ドル増えています。

設立が2010年後ということで、リーマンショックの影響は受けていません。

リーマンショック後の米国市場の成長もあって、配当金も右肩あがりで増配が続いています。

円換算でも為替の影響を受けているはずですが、順調に伸びています。

配当金(円)は月末時の為替を元に計算しています

【VOO】の配当金の推移(年度)

年度ごとの配当金額とその推移なります。

VOOの配当金推移(年度)
年度年度合計 / 配当金(ドル)年度合計 / 配当金(円)
2010年0.542044.82
2011年1.186094.19
2012年1.4180116.11
2013年2.0110202.63
2014年3.4900381.74
2015年3.9310474.73
2016年4.1380451.69
2017年4.3679491.44
2018年4.7367523.18

2011年の年間配当金は1.1860ドルでしたが、2018年は4.7367ドルと9年間で約4.00倍になっています。

円換算だと、2011年は94.19円、2018年は523.18円と、10年間で約5.55倍です。

配当利回りは低いものも配当金の伸びは凄まじいですね。

ちなみに高配当ETFである【VYM】は、11年間でドルは約1.95倍、円は約1.83倍でした。

2010年の配当は2回です

【VOO】の増配率について

最後に【VOO】の増配率について見ていきましょう。

直近3年の平均増配率は6.41%、直近5年の平均増配率は8.79%となっています。

設立後の2011年から8年連続で増配が続いています。

増配率もなかなか高いですね。

キャピタルゲイン狙いと言いつつ、このまま成長を続けたらインカムゲインも期待できそうです。

まとめ

以上、【VOO】の配当金の推移と増配率についてご紹介しました。

配当利回りは低いものも、配当の成長はなかなか凄いですね。

キャピタルゲインが期待できることは間違いないですが、インカムゲインにも期待して良いのかもしれません。

今回改めてまとめてみて、安心して【VOO】をポートフォリオに主軸にすることができそうです。

▼【VYM】の配当金推移と増配率についてまとめています

VYM(バンガード)
バンガード高配当米国ETF【VYM】の配当金推移と増配率のまとめバンガード社が販売する米国高配当株ETF【VYM】。 低コスト&高配当で多くの銘柄に分散投資ができるということもあって人気のETF...