どっちがいい!?私がつみたてNISA(積立NISA)ではなく現行NISAを選択した理由

つみたてNISA

2018年1月から新たに始まる「つみたてNISA(積立NISA)」。

現行NISAとの併用はできないため、どちらかを選択肢なければなりません

どちらも一長一短あるので、どちらにするか決め兼ねている方も多いかと思います。

私は迷いに迷った結果、現行NISAを選択することにしました。

本日は、現行NISAとつみたてNISAの違いとなぜ私が現行NISAを選択したのかをご紹介します。

現行NISAとつみたてNISAの違い

現行NISAつみたてNISA
非課税金額年間120万円年間40万円
非課税期間5年20年
投資商品全ての投資信託・ETF・REIT・株式一部の投資信託・ETF
ロールオーバー可能不可
制度終了2023年まで2038年まで
対象年齢20歳以上20歳以上

現行NISAは非課税金額が年間120万円で投資商品にも制限がありません

一方で、つみたてNISAは非課税金額が年間40万円と現行NISAの3分の1で、投資商品も金融庁が選んだ限られたものになります。

また、現行NISAは含み益を含めてのロールオーバーが可能ですが、つみたてNISAはできません。

これだけみると、現行NISAの方が良いかと思いますが、つみたてNISAの最大のメリットは非課税期間です。

非課税期間が現行NISAは5年ですが、つみたてNISAは20年間です。

つみたてNISAを20年間続けた場合、最大800万円(現行NISAは600万円)まで運用可能で、結果としては現行NISAより大きい金額を非課税で運用できることになります。

選ぶ上でのポイント

現行NISAかつみたてNISAかを選ぶ上でのポイントを以下にまとめました。

選ぶ上でのポイント

  • 幅広い商品に投資したい人は「現行NISA」
  • 自分で商品を選べない方は「つみたてNISA」
  • 年間120万円投資できる人は「現行NISA」
  • 少額で長期で資産形成したい人は「つみたてNISA」
  • アクティブな運用をしたい人は「現行NISA」
  • ディフェンシブな運用をしたい人は「つみたてNISA」




現行NISAを選んだ理由

海外ETFの買付手数料が無料

現在、NISA口座を【VYM】【HDV】【VOO】等の米国ETF購入に使っています。

米国ETFをNISA口座で購入している理由は、NISA口座で海外ETFを購入すると手数料が無料になるからです。

私が利用しているSBI証券では、特定口座で買付を行なった場合、下限5ドル/上限20ドルの範囲内で約定代金の0.45%の手数料を取られます

つみたてNISAは商品が限定されており、海外ETFが含まれていません。

そのため、NISA口座で海外ETFを購入したいのなら現行NISAの一択となります。

私が年間120万円以上投資する

私は年間約240万円を投資に充てるようにしています。

そのため、非課税枠の120万円をフル活用することが出来ます

つみたてNISA枠の40万円を超えた分を特定口座で購入するという選択肢もあります

しかし、私の場合は先ほど紹介したように、買付手数料を無料にするためにNISA口座で海外ETFを購入しています。

できるだけ分散投資をしたいという考えで毎月購入することにしているので、特定口座で購入した場合多額の手数料を取られることになります。

そのため、つみたてNISA枠を超えた分を特定口座で購入するという選択肢が消えました。

まとめ

以上、現行NISAとつみたてNISAの違いとなぜ私が現行NISAを選択したのかをご紹介でした。

現行NISAとつみたてNISAのどちらが良いとは一概に言えず、運用方法や投資金額で異なります

これから投資を始める方で悩まれているのなら、つみたてNISAを選ぶことをお勧めします。

つみたてNISAは、投資家のために金融庁が低コストで長期投資に適した商品を厳選してくれているので安心して投資することが出来ます。

中級者〜上級者は、現行NISAで自分の投資スタイルで利益を出してみるのも良いかもしれません。

自分の投資スタイルを良く考えて、どちらかを選択してみて下さい。

コメントを残す