実は違法な勤怠管理!?タイムカードの15分単位の切り捨てについて

タイムカード

私は会社にあまり不満を持たないようにしているのですが、どうしても納得がいかないことがあります。

それは、15分単位の切り捨て計算で勤怠管理が行われていることです。

勤怠管理の情報で我々のお給料が決まるわけで、本来1分1秒正確に管理されるべきです。

それが15分単位の切り捨て計算で管理とは言語道断です!!おかしいはずです!!

ということで、本日は15分単位の切り捨て計算の勤怠管理は問題ないのかを調べてみましたのでご紹介します。

15分単位の切り捨てとは

まずは、「15分単位の切り捨て」について説明します。

例えば、19時14分まで働いたとすると勤怠管理上では19時まで働いたこととして記録されます。

つまり、14分間ただ働きしたことになります。

切り捨てされるのなら、ちょっとした遅刻時は助かるのではと思うかもしれませんが私の会社ではそうではありません。

例えば、8時が定時だとして8時14分に出社した場合、切り捨てされて8時になるのでセーフかと思いきや何故か遅刻として扱われます。

何とも納得の行かない勤怠管理です。

ひどい会社だと30分単位で勤怠管理をしている会社もあるそうです。

15分単位の切り捨ては違法なのか

15分単位の切り捨て計算は問題がないのかと疑問に思い調べてみたところ下記サイトを見つけました。

思いもよらない債務が突然振りかかる...!?企業に求められる正しい「労働時間管理」
残業時間は何分単位で管理されるべきもの?突然ですが、皆さんの会社では、残業時間を何分単位で管理していますか?とあるメーカーで未払い残業代が発覚し、社員への支...

こちらのサイトによると、このような勤怠管理は違法とのことです。

法的には労働時間は1分単位で正確に管理されなければなりません

ただし下記のケースのように1ヶ月の合計時間に関しては認められているようです。

厚生労働省からは、残業代などの割増賃金計算に関しては 「1ヶ月における時間外労働、休日労働、深夜労働の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切捨て、それ以上を1時間に切り上げる」ことは構わないというという通達(昭和63年3月14日 基発第150号)が出されています。




対応策について

労働基準監督署に相談

違法ということは分かったのですが、どう対応したらいいのでしょうか?

ずばり、都道府県ごとに設置されている労働基準監督署に相談です。

労働基準監督署のHPには、相談窓口について書かれているのでそちらに相談しましょう。

相談したからといって、労働基準監督署が動いてくれるとは限りませんが、もっとも効果的な方法だと思います。

同様の相談が増えたなら、労働基準監督署もきっと動いてくれるはずです。

相談するのをためらう場合

今すぐ相談することをためらう方もいらっしゃるかと思います。

そのような方は、とりあえずは勤怠管理の正確な時間を自分で管理しておくことをお勧めします。

会社は、勤怠記録を最低3年間保管することが義務付けられておりますが、3年過ぎると処分して良いことになっています

自分でも勤怠管理を行なっておけば、いつの日か相談しようと決意した時に役に立ってくれるかもしれません。

まとめ

長い間不満に思っていた、私の会社の勤怠管理は実は違法だということが分かりました。

今すぐ労働基準監督署に相談することはないと思いますが、自分でも勤怠管理を始めることにします。

何かあったらすぐに相談できると分かっただけでも、気持ちが少しスッキリしました。

もし、皆さんの会社でも厳密に勤怠管理がされていないのであれば行動に移してみるのもいいかもしれません。

コメントを残す